国境の南、太陽の西

さよなら おやすみ またあした それじゃね

オングウェディバ トレードフェアからの帰り道

前回まではこちら ↓

今週末にオングウェディバという町に出かけるので、しらべてみた。 - ピースオブケイクス

オングウェディバ トレードフェア 1日目 - ピースオブケイクス

オングウェディバ トレードフェア 2日目 - ピースオブケイクス

オングウェディバ トレードフェア 3日目 - ピースオブケイクス

 

 さて、オングウェディバからルンドゥへの帰り道について。

宿を出発したのが7時半。

オングウェディバからはRUNDU行きのコンビバスは出ていないので、まずはオシャカティという町にタクシーで移動。10分くらいで100円。

コンビ乗り場

f:id:yusuke19851124:20140902181213j:plain

コンビバス乗り場に行くと、行き先をかいた看板が立っている。Rundu・Katima行きのところでバスを探す。すぐに見つかる。車がぼろいけど、ドライバーはまぁしっかりしてそうだ。中国人も日本人も韓国人もみんな同じだってドライバーが言うから、ナミビア人とアンゴラ人は違うだろ?それと同じで僕らも違うんだよって僕が言うと、いや、ナミビア人とアンゴラ人は同じだって言い出して、笑えた。

南アフリカの一部とナミビアアンゴラザンビアボツワナジンバブエくらいまでは同じらしい。タンザニアやケニアは違うんだとか言ってた。新しい解釈だな。

コンビは、乗車人数が集まったら出発する。僕らが行った時は半分くらいだったので、待ち時間でちょっと散歩する。1時間くらいして出発。現在9時。

コンビバスの中

f:id:yusuke19851124:20140902181300j:plain

たぶん7人乗りくらいであろう車にシートをたくさんつけて、最大15人乗りになってる。まぁ、狭いよね。これで7時間近くなんだから大変。けど、今回は、音楽も静かだったし、乗客もおとなしいし、それなりに快適だった。

アフリカの風景

f:id:yusuke19851124:20140902181339j:plain
 
f:id:yusuke19851124:20140902181412j:plain

今回通った道は、それなりに人が住んでいるところだったので、野生生物は全くいなかった。民家や牛がたくさんみれるくらい。だから、同じような景色がずっと続いて飽きちゃうんだよ。

ほとんど寝てた。

Runduの近くになると、川沿いの道を走るようになるから、景色もきれいで目も醒める。途中に、オカバンゴ川の水を利用した大規模農場とかあって、これからの農業の発展が期待できそう。米も作ってるらしいしね。

 

結局、9時ごろに出発して、Runduには午後4時に着いた。遠かったー。

次にオングウェディバに行くのは来年のトレードフェアかな。

ナミビア国内では毎月どこかで小規模なトレードフェアやアグリカルチャーショーが開かれてるらしいから、それを見に行くのも面白そうかも。

そうそう、トレードフェア中は犯罪もやっぱ多くて、僕の同期隊員もカードと現金を盗られちゃってたんだけど、警察やガードマンも多いから、銃やナイフをつかった強盗はいないと仮定して、スリにだけ気をつければ、普通にめっちゃ楽しめるんじゃないかなーと思う。

日本でも、国際見本市とかこういうトレードフェアっぽいのあっても全然興味なかったんだけど、今回参加して、日本のものにも興味出たな。海外旅行中にその国のローカルなトレードフェアとか行ってみるのも面白い旅行スタイルかもしれない。

 

そんな感じで、今回の旅はおしまいです。