国境の南、太陽の西

さよなら おやすみ またあした それじゃね

テトさんの子育て日記 第9週&第10週

f:id:yusuke19851124:20141203214924j:plain

 さてさて、約一週間の旅行から帰ってきまして。

 

 テトさん達のご飯や水は、自宅のセキュリティガードにお願いしていたんだけど、ほんとにエサやりをやってくれてるか少し心配ではあった。

 

 で、旅行から帰ってきてみると、なんとなくみんなやつれてるような印象が。。。

エサはちゃんとあげてたと言ってるんだけどねぇ。

 

 まぁ、僕が帰ってきてからいつも通りの量のエサと水をあげてたらすぐに元気になったので、よしとしよう。みんな生きてたし。

 

 家がけっこう車の通りの多い道路に面してるので、仕事から帰るたびに、今日、交通事故で死んでるんじゃないだろうか、といつも心配になるんだよな。

 まぁ、毎日そういう覚悟を持って過ごしてると、今日も生きてるな、よしよしとなりますわぁ。

 さて、この頃の育て方はというと、

「2~5ヶ月」とは、おおよそ「61~150日齢」の期間です。
 生後3.5ヶ月齢くらいまでは、柔らかめのフードを1日3~4回に分け、おやつとして猫用のミルク(1回50cc程度)があればベターです。
 生後3.5ヶ月齢(100日齢)くらいから「歯牙脱換期」(しがだっかんき)に入り、乳歯が永久歯に変わり始めます。柔らかめの食事から成猫用の硬いドライフードに切り替えるのは、歯と顎がしっかりと発達した生後5ヶ月(150日齢)くらいからが目安となります。
 なお野猫の場合、2~4ヶ月齢は母猫から狩りの方法や獲物のとり方を教わる時期です。母親が自分の尻尾をつかってじゃれさせたり、生きたままの獲物を持ち帰り、止めを刺す練習を子猫にやらせることもあります。

子猫の育て方~週齢ごとに見る適切な保育方法

 

 最近思うんだけど、このサイトのペースよりもなんだか早く成長してるような気がするんだよね。母乳から子猫用のキャットフードを食べ始めるまでも早かったし、走ったりできるようになるのも早かったし。

 

 で、もうすでに固いドライフードも食べれるようになってきてるんだよなぁ。柔らかいほうがいいのかと思って、子猫用のウェットフードをたくさん買ってるんだけど、そっちを残し、なぜかテトさんが食べてる大人用のやつも欲しがるようになって、今は半々くらいの割合で食べてる。成長が早いのかねぇ。歯が欠けなければいいけど。

 

 

旅行中なんで写真が撮れてなかったんで、帰ってきてから撮影。

 

11月30日かな。生後68日目。

ほんと、猫にとっての2ヶ月ってめちゃめちゃ早いね。すごい成長してる。

 

f:id:yusuke19851124:20141203215001j:plain

 羽根のついたゴルフボールみたいな遊び道具に夢中なアクアとアリエス。

 

f:id:yusuke19851124:20141203215032j:plain

 するどい右ストレートを繰り出すアクア。猫パンチは速いね。

 

f:id:yusuke19851124:20141203215107j:plain

  なぜかカメラ目線で挑発してくるアリエス。

 カメラを向けると近づいてくるようになったんだよな。慣れたのかな。

 

f:id:yusuke19851124:20141203215220j:plain

 テトさんは相変わらずどっしりとしてますわー。子育てもひと段落して、体格も毛並も良くなってきたような気がする。

 

 

ではでは

ごきげんよう